骨盤矯正は、マッサージや整体でするのがオススメ

マッサージmania

ニュース

2014/03/22
概要
2014/03/22
骨盤

歴史

マッサージの語源は、アラビア語の「揉み込む」とギリシャ語の「揉みほぐす」という言葉の二つを掛け合わせている。
その歴史は古く、紀元前4世紀頃には、ギリシャで医師であるヒポクラテスが研究の必要性を説いたことから始まる。
しかし、この後は医学として普及することはなく、民間療法として留まった。

16世紀後半になると、フランスの医師アムグロアスバレーが、マッサージを医療用として研究を始めた。
その後、アムグロアスバレーの主張により、医療法として見直しが始まった。

18世紀になると、スゥエーデンのバー・ヘンリック・リングが治療体操を元として、スゥエーデンマッサージの基礎を作った。
この技術を元に、揉み治療として欧州各地に広がっていく事となった。

種類

マッサージの種類は、世界各国で様々な方法が確立されており、膨大な数が存在する。
ここでは、日本で一般的に普及しているマッサージの種類に関して説明する。

日本で一般的に普及している方法は、指圧、按摩、整体が挙げられる。
指圧とは、人体のツボを指で押す方法の事であり、これは強張った筋肉の緊張を和らげる目的で行われている。
按摩とは、日本独自のマッサージ方法であり、撫でる、さする、押す、叩く、等の方法を使うことにより治療を行う。
整体とは、体の不調の原因は骨格にあるという理論から、骨格の関節の歪みを手指を用いて矯正することをいう。

スポーツ用

マッサージは、基本的には強張った筋肉や骨格を矯正することにより、日常生活を快適に送れるようにしている。
しかし、このような癒やし目的ではなく、スポーツ用に開発された方法も存在する。

スポーツ用に開発された目的は、一般的な目的と異なっている。特徴としては以下のものがある。
怪我の予防の目的では、関節や腱の可動域を広げることで、怪我の予防に努める。
パフォーマンスの目的では、筋肉の柔軟性を高めたり、血行を良くすることによりパフォーマンスの向上に努める。


TOP